2009年05月02日

テレホンカードの使い道?!

使わないカードが貯まってしまい困っています。

 過去の遺産になってしまったテレホンカード(以下,テレカ)。現在ではほとんどの人が携帯電話をもっているのでテレカを使わない人が多いのではないでしょうか。使わなくなったテレカを沢山持っていますが,皆さんどうしていますか? 

 私自身,旅の思い出になっているテレカを沢山買ってしまいましたが使う機会がなく困っています。昔は,ちょっとしたお礼にテレカをあげたり,もらったりしましたよね(今はクオカードですが・・・)。NTTに問い合わせたところ,一枚あたり手数料50円で引き取ってもらえるようです。しかし,現金でもらえるわけでなくNTTに申し込みをして電話料金に振替になるだけだそうです。振替できるのはもちろん新品のカードだけです。しかし手数料が50円/枚は何とも高いですね・・・
 

 現実には途中まで使用中になっているカードが沢山あるので困っています。何とかならないでしょうか・・・。いまさら使えといっても使える場所が駅など限られており使いにくいし,だいいち面倒臭いですね。

 
 いま一度,使っていないテレカがないか見直してみるのも良いと思います。意外とでてくるかと思います。私の場合,使用中のものが10枚弱。未使用のものが80枚弱ありました。未使用のものは,ほとんどが旅の思い出テレカですが,金額を考えるともったいなくて・・・

 
みなさん,使わないテレホンカードのよい活用方法がありましたら教えてください。
posted by moncoara at 09:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

図解 量子論がみるみるわかる本

コンビニのワンコインブック。文科系の人でもわかるよう極力数式を使わずに平易に書かれた本。

 
著者はわかりませんが,監修は,東大大学院教授で宇宙論・宇宙物理学が専門の佐藤勝彦氏です。宇宙のビッグバンに関係する「インフレーション理論」の提唱者として有名です。

 量子論は,簡単に言うと「ミクロの世界の憲法」のようなものだそうです。本書の最初に2008年ノーベル賞を受賞した3人の量子論とのかかわりが書かれています。ご存知かと思いますが,3人のノーベル賞受賞理由は下記の通りです。
 南部陽一郎     「対称性の自発的な破れ」
 益川敏英・小林誠 「CP対称性の破れ」(いわゆる小林・益川理論)
対称性という言葉がキーワードになっていますね(この本に対称性のことがやさしく書いてあります)。宇宙のビッグバンも真空の対称性の破れが原因といわれます。

 
量子論による解釈によれば,パラレルワールドSF小説や映画でよく知られています)が存在してもおかしくないことになります。すなわち現在の世界とは異なる世界が存在し,そこにもう一人の自分が存在するとのことです。量子論が描く物質観・自然観・世界観が私たちの常識からかなり乖離しているので理解を超えていますが,真実は何か本当に興味ありますね。

 
なお,コラム欄には「量子論を作った天才たち」としてアインシュタインをはじめボーア,プランク,ド・ブロイなど9名の科学者の紹介記事があり高校の物理の授業がなつかしく思いだされました。こういう本が昔からあったら,物理をもっと好きになったと思います。このような本がコンビニで買えるようになったことは喜ばしいことですね。

 
この値段でこの内容は実にすばらしいと思います。セブンイレブンにありましたので興味のある方は是非買い求めてください。
posted by moncoara at 18:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

健康の心得十訓

 健康の心得にもいくつかありますが,健康十訓が大変参考になりましたので引用させて頂きました,各項目のコメントは私自身が書いたものですがいかがでしょうか。 

1.少肉多菜
 
肉はほどほど,野菜はたっぷり。鶏肉か豚肉を中心に食べています。牛肉は健康と家計の面から極力避けています。牛の霜降り肉は,特に体に良くありませんので注意が必要です。霜降り肉を喜んで食べるのは日本人くらいといわれています。
2.少糖多蜜
 甘いものは果物等からで十分でしょう。精製された砂糖は,あまり体にはよくないので料理には砂糖の代わりに黒糖や蜂蜜などを使っています。コーヒーはブラックで飲むようにしています。
3.少塩多酢
 塩の取りすぎは高血圧のもとになるので醤油や味噌は減塩タイプを必ず使っています。味噌汁は薄味にして一日一杯を遵守。お酢は昔から体に良いとされています。健康食品の香酢を毎日飲んでいます。
4.少食多噛
 腹八分目が大切。食事は良く噛んで食べると満腹感が得られ自然と腹八分目になります。食事だけでなく何事も腹八分目を心がけています。
5.少衣多浴
 薄着でフロ好きは健康の元。薄着で通すようにしていますが,体を冷やさないよう注意しています。風呂は毎日入り血行を良くするということでしょうか。
6.少車多歩
 自動車は確かに早いが歩けば健康の道につながる。面倒くさがらず歩きましょう。1日1万歩。
7.少憂多眠
 くよくよ心配するのは体に良くないですね。くよくよしたって同じなので早めに寝てしまうのが得策。寝るときは楽しいことを考える。睡眠は平均7時間を確保するよう0時前には寝ることですね。
8.少言多行
 ぺらぺらしゃべっている間に行動を開始しよう。口先だけでなく実行(行動)で示せという意味かと思いますが,どちらかとういと有言実行がよいと思います。宣言して実行するのがカッコいいですね。
9.少欲多施
 自分の欲望に走らず他人のために何かをせよということですね。
10.少憤多笑
 あまり怒らないで笑うことを優先する。怒ったときでもニコニコ(かなり難しいと思いますが・・・)。「怒るというより笑っちゃう」精神で。一日一膳,一日多笑。笑いでストレス解消。いつも心にユーモアを!続きを読む
posted by moncoara at 20:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

普通グリーン券のナゾ

車内とホームでは値段が違います。

 普通グリーン券には,「車内料金」「事前料金」があります。映画の前売り券とは違い,ちょっと変な気がしました。時間がなくて急いでいたため車内で買おうとしたところ,料金が250円高かったのです。特急券や座席指定席を同じように車内で買ったら窓口で買うより高くはなりませんよね?

 普通グリーン券というのは,座席数に関係なく無制限に発行されるので,買ったからといって必ず座れるとは限りません。普通グリーン券は自由席です。よって,買ってしまっても,満席の場合は立ち席になります(これは詐欺では?)。座席を保証しないのにグリーン券というのはトラブルの元なると思います。

 グリーン券を買っても利用しなかった場合、そのことを証明できるものがあれば当日分に限り料金は返却されるとのことですが、JR東日本ではその説明をお客に分かりやすくし行っているとは思えません。証明も難しいので実際に払い戻しするケースは限られていると思います。
 たとえば,満席の場合に,グリーンアテンダントに「やめる」といって払い戻し券を出してもらうと払い戻し手数料はゼロになります。しかし,満席だったのでやめたがアテンダントに払い戻し券を出してもらわなかった場合,あるいは満席でない場合でも,個人の都合でやめた場合には(満席だったかどうか),証明できないので払い戻し手数料210円がかかってしまいます。

 そもそも普通グリーン券のコンセプトがよくわかりません。また,グリーンアテンダントという人もどういう理由で必要なのか良くわかりません。それより,まず“普通電車”であれば,車内料金と事前料金の差をなくしてもらいたいですね。
posted by moncoara at 22:35| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

増田明利の『今日,ホームレスになった』

書かれていることは他人事ではありません。

 
現在,派遣切りなど大変な問題になっていますが,正社員に対しても勧奨退職,早期退職などが着実に進められているようですね。あなたは大丈夫ですか?今は大丈夫でも,いつかホームレスなるかも・・・ 

 これからホームレスの人達が大量に発生するかも知れません。この本(彩図社刊550円)を買って読んでみました。ここには15人の方の例が示されています。 “路上生活者=ホームレス”は,50代後半の中高年がやはり圧倒的多数なのですが,30代の若い人も例外ではなく,一つ間違えば,誰にでもホームレスになる可能性があることがわかります。

 
【第1章】には,エリートサラリーマンの例が書かれています。
元大手総合商社財務部次長,元外資系投資銀行ファンドマネージャ,元大手鉄鋼メーカ副部長,元大手ゼネコン営業部長といった方です。これらの方は,それまで相応の収入があり,生活もしっかりしていた方ばかりですが,リストラ等でその後の生活が破綻しホームレスになっています。信じられないようなことですね。

 
【第2章】には,ホワイトカラー族の例が書かれています。
中高年になって会社に捨てられた方たちです。高齢正社員の使い捨ては,派遣者と本質的に同じです。また再就職しようにも年齢制限で非常に困難。退職金がもらえても落とし穴があります。バブル崩壊→リストラ→貯金取り崩し→借金→離婚→家を手放してからはホームレスです。 

【第3章】には,
自営業の社長さんたちの例が書かれています。
脱サラしたまでは良いのですが,バブル崩壊→不況で地獄にまっさかさまです。

 
【第4章】には,若者の例が書かれています。
特に高卒の学歴がないと,今の世に中,就職は非常に困難。高校をきちんと卒業しないと,まともな専門学校に入学できません。お金を得るためには,選択肢が非常に狭く(風俗関係か山谷の肉体労働など),怪我でもしたらあっという間にホームレスの可能性が待っています。 

 現在のケースでは,バブル崩壊が金融危機に変わっただけと考えます。あとは同じようなパターンを辿るような気がします。4月には大量の失業者が発生する見通しですから,今年後半は,ホームレスになる方が多くなるにちがいありません。

 
ホームレスになった方の言葉が,ぐさりと胸に突き刺さります。あんた,自分は関係ないって顔しているけど,半年前まで,俺もあんたと同じだったんだよ」。こわいことです。
posted by moncoara at 17:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

第5回ECO検定に合格!

試験結果は91点で合格しました。嬉しいです。

 自己採点より1点違いましたが,無事合格できました。今回の平均点は72.7点でしたので自分では良くがんばったと満足です。実受験者数22,081人で合格者14,267人と受験者・合格者とも過去最高です。来年はもっと増えるかも。合格率は64.8%とやや低いものの,このくらいでちょうどよいのではないかと思います。中には前回の合格率から甘く見た人がいたのではないでしょうか。 

 これまでの受験者は74,276人で合格者は53,754人(5万人突破!)になりました。合格率72.3%です(結構高いですね)。ECO検定によいところは,合格者のフォローにも主催元の商工会議所が力をいれていることです。これらが口コミとなって,受験者数が伸びてきている様です。
 

 合格証は,小さなカードです。はれてエコピープルになりました。エコピープル限定のオフィシャルグッズ(エコ活動支援グッズ)が購入できます。また「エコピープルスキルアップ事業」は,エコ検定で学んだ知識を深め,職場や地域など様々なフィールドで活躍する「エコリーダ」の養成を目指すものです。「ビジネス」「緑化」「食・農」「住環境」「自然体験」などの分野ごとに実践知識習得のためのテキストが出版され,このテキスト等に基づく研修会も開催されます。

 次のステップに進み,頑張って行きたいと思います。
posted by moncoara at 19:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

小泉元首相の著書『 音楽遍歴 』

「小泉純一郎の素顔が垣間見える一冊」です。

 
日経プレミアシリーズ(日本経済新聞出版社)から出された小泉元首相の本を買いました(個人的には,著書というより小泉さんが話した内容を第3者が文章にしたような感じです)。小泉さんは、政界きっての音楽通だそうですね。クラッシックのみならず、プレスリーやエンリコ・モリコーネ、X−JAPNなどのポップス・カラオケが大好きなことも話題になりました。

 
そんな小泉さんがクラッシクはじめ演歌、ミュージカルまで音楽の魅力について語ったのがこの本です。3章から構成されており、巻末には紹介された「作曲家と主な作品」の解説とエルヴィス・プレスリーチャリティアルバム収録曲の小泉さん自身の解説(必見)が載っています。
 
第T章 クラッシックとの出会い
12歳(昭和29年)のころバイオリンを習い始めたそうです。最初に手がけたのはハイドンのおもちゃの交響曲だったそうです。意外でした。エルガーが好きで全作を集めたいくらいだという。「エルガー自作自演集」復刻版CDセットを買ったというほどはまっているとのこと。
 

第U章 オペラは愛である
オペラは面白い。私はまだオペラを実際に見にいった事はないのですが事実です。最初はイタリアオペラから入るのがよいとのこと。賛成です。アリアが素晴らしいですね。元首相おススメ作品が紹介されています。オペラ序曲もいいですね。モーツアルト,ロッシーニ,ワーグナーたちの序曲にはほんとシビレますよね。
   
第V章 エルヴィス、モリコーネ、そして遍歴の騎士・・・
エルヴィス・プレスリーの歌はとにかくすばらしい。女性ならずともその声には痺れますね。2006年6月30日テネシー州メンフィス(エルヴィス記念館がある)でプレスリーのサングラスをつけてポーズをとっているところが報道されて話題になりましたね。このときはエアフォースワン(大統領専用機のこと)でブッシュ大統領と一緒にワシントンから行ったそうです。小泉さんはドイツのシュレーダ首相もパイロイトのワーグナー音楽祭にも引っ張り出したそうです。そのパワーには脱帽です。

 
小泉さんも政界を引退して、いよいよ趣味の世界に没頭していくのでしょうか。クラシック音楽と小泉さんに興味のある方、是非読んでみたらいかがでしょうか。
posted by moncoara at 13:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

『GW7つの卵』の悲劇

最低の配当でがっかりです。損切りを決心しました。

 日興アセットマネジメント(AM)
には,ガマンの限界をこえました。今年の1年間の配当が,昨年同様,3,000円です(2009年1月実績。年一回配当)。2年連続して,たったの3,000円/年・・・目を疑いました。日興AMが情けない!悔し涙がでました。

 
 「GW7つの卵」は、モーニングスター・ファンドオブザイヤー2005年度の国際株式型・ハイブリッド型部門において優秀ファンドに選ばれました。投資の格言である「すべての卵を一つのかごにいれるな」という分散投資の常識をいかにも新しい考えかのように宣伝した商品です。結果的にすべての卵が割れてしまったわけで,だまされた人は,私を含め大勢いるのではないでしょうか。本当に悔しいです。下敷き(販売用資料のこと)やひよこ博士(ビデオのキャラ)にだまされました。 

 2年連続で年間3000円しか出せない分散投資とは一体なんなのでしょうか。信じられません。担当ファンドマネージャのセンスと能力を疑います。やる気もないのでしょうか。いろいろ言い訳していますが、きちんと出しているほかの商品は沢山あります。何のための分散投資(7つに分散)かわかりませんね。

 本当に,顧客をバカにするのも,いい加減にして欲しい。ここまでされたら,損切り解約しかありません。自己責任ですから,仕方がありませんが・・・涙そうそう
posted by moncoara at 10:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

糖尿病は大血管病

人間ドックでメタボ認定。糖尿病予備軍にも入隊。ショックです! 

 今、日本では糖尿病予備軍にあふれていると言われます。これは、食生活が欧米化したこと、車社会で歩かなくなったこと、ストレス社会になったことが大きな要因だと思いますが、実は日本人は、欧米人に比べ糖尿病になりやすい体質を持っているそうです。なぜなら、日本人は欧米人に比べてインスリンを分泌する力が弱いためだそうです(なぜ日本人の分泌力が弱いのかはわかりませんが・・・)。したがって、もともと弱いところに、肥満、高脂肪食、運動不足、ストレス、高齢化などの環境因子が増大してきたわけですから、糖尿病患者およびその予備軍が増加するのも当然なのでしょう。
 

 糖尿病がなぜこわいかといえば、合併症があるからですよね。これまで合併症とは、網膜症、腎症、神経障害と言った細小血管障害だと認識していましたが、もっと恐ろしい合併症は、心筋梗塞脳梗塞などの大血管障害だそうです。認識を改めました。事実、心筋梗塞をおこした人の7割が糖尿病および境界型の人だそうです。しかも大血管障害は、致死率も高く,糖尿病初期にも起こるとのです。怖いですね〜。「細小血管障害で死ぬことはない」と高を括っている人・・・要注意です。

 なお、食後血糖値を放置しておくと、インスリンを分泌するすい臓が疲弊して分泌量がすくなくなり、空腹時にも高血糖状態が続くそうです。糖尿病対策は、「1に食事療法、2に運動療法、3、4がなくて5に薬物療法」だそうです。したがって、炭水化物の摂取を極力押さえた食事内容と腹7分目の食事量、体を小まめ動かすこと、継続的な有酸素運動が絶対必要とのこと。ライフスタイルを見直し、ストレスの影響を少なくすることも重要とのこと。今後,メタボ対策を余儀なくされました。皆さんは,メタボリック・シンドロームの心配ありませんか?
posted by moncoara at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

山梨県笛吹市 薬石の湯「瑰泉」

 巨大宝石露天風呂とモンゴル式火釜が圧巻です。 

山梨の遊びの帰りに宝石温泉にいってきました。オープン5周年になるそうです。入場料は大人2,000円です。24時間居られるので12,000円で泊まれる温泉施設です。食事も、寿司、和食、韓国料理、ラーメン、イタリアンなど揃っています。そして880円の朝食バイキングがあります。4,0005,000円あれば一泊2食付きが可能です。 

宝石風呂は日本初だそうです。ここは宝石・鉱物などを扱う「英雅堂グループ」が経営しているので宝石をふんだんに使った風呂が作れたわけです。露天風呂は、レッドジャスパーが多く使われています。赤い石なので太陽の石などといって元気をくれる石です。このような石の効果を「ストーンパワー」などといっていますね。露天風呂はストーンパワーに溢れています。パワーストーンに興味がある方は面白いでしょう。

温泉内湯は、紫水晶などが使われていました。腰湯、寝湯、イベント湯、バブル風呂、ミストサウナ、あかすりなどがあります。イベント湯は、当日は唐辛子湯で真っ赤なお湯でしっかり暖まりました。小さなプールもあるので子供も遊べます。風呂から出たら、琉球漆喰でできたリラックス空間「団欒(だんらん)」で休みます。湯上りにはトルマリン水が自由に飲めますまた、ビールやアイスクリームなど飲み食いできる場所があります。
 

「団欒」の奥には、加熱薬石ドーム150畳)があり、この中にモンゴル(蒙古)火釜があります。火釜から700℃に熱せられ真っ赤に焼けた薬石(トルマリンと麦飯石)からでてきます。1時間から1時間半に1回の割合で焼けた薬石が火釜(電気炉室)から出てきます。薬石の発する遠赤外線が骨の髄まで暖め老廃物と汗を一気に排出させます。巨大なパオのようなドーム内の室温は、なんと64℃です(高温なので体調が悪いときは要注意)。また石風呂(石室)が2つありますので、お腹の上に熱くなった薬石を乗せるとお腹の調子がよくなります。

そのほか足湯、リフレ、マッサージ、ストーンセラピーなどがあります。また外には庭園、ビアガーデンなどもあり1日中いても飽きません。山梨に行ったときには一度訪れると面白いと思います。
posted by moncoara at 14:57| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。