2007年06月25日

『やっぱりあぶない投資信託』

投資信託を始める前に,デメリットも知っておく必要があります。巷では,いいことばかりが吹聴されていますが,何事にも裏表が必ずあります。注意が必要ですね。

今回は,新聞にもよく宣伝されていた水沢氏の著書『やっぱりあぶない投資信託』を読んでみました。副題は,「あなたの虎の子の増やし方・使い方」です。水沢さんは,元山一証券マン(現在,怒りの経済評論家)ですので,証券のメリット・デメリット(裏表)をよく知っています。それだけに説得力があります。

まず,はじめに投資信託はジキル博士とハイド氏のような2面性を持った,とても恐ろしい金融商品であるということが書かれています。これで最初にギクッとします。
投信には,
 「表の顔(ジキル博士)」と「裏の顔(ハイド氏)」があります!

 第1章 投信オススメ論,6つの大間違い はよく読んでおく必要があります。
 第2章 投資信託の本当の姿,知ってますか? は大いに参考になります。
      本書で言っている危ない投資とは「株式投資信託」のことです。
      株式を組み入れない日本の公社債限定なら危険性は少ない・・・
      ことはわかりますが,若干面白みに欠けますよね。
 第3章 投信が危ないのは,その歴史が証明している
 第4章 投信にまつわる政府・大企業・マスコミ・闇のからくり 
 
第5章 私はこうして失敗した
 第6章 ナケナシの1000万円なら,こう守ろう!
 
どの章もその内容は大変興味深いものがあります。薄い本ですので2〜3時間で読めてしまいます。ロープライス品もでており,お薦めですよ。

posted by moncoara at 19:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

VenusFort(ビーナスフォート)

sora3.JPGりんかい線青海駅で降りて,ビーナスフォートを見てきました。お目当ては2階のフロアです。
ここは,空のフロアといわれてます。
頭上には昼の青空から夕焼け、そして夜空へと変化する空がなんともいえません。この空は,約2時間でローテーションしているそうです。全長400メートルといわれるメインプロムナードとそれぞれオリジナルのテーマを持った広場と小径がファンタスティックです。17〜18世紀のヨーロッパの街並みをイメージしたそうです。


1階のショッピングモールを抜けて,早速,2階に上がってみました。注目は噴水広場です。広場は,このほかに教会広場,オリーブ広場がありますが,噴水広場は、ヴィーナスフォートで最大の広場。広場の真ん中には6人の女神によって支えられた大きな噴水があります。ご存知とおり,ここは,なんといっても写真撮影のスポットとしても親しまれていますね。私達もここで写真を撮りました。本当にきれいです。

hiroba.JPG

なかなか良い写真が取れませんでしたが,何とか広場の雰囲気が伝わる写真にはなっているのではないでしょうか。3階から写真をとると回りの人に迷惑をかけずにすみます。噴水の中にコインを投げ入れてお願い事をすると、女神ヴィーナスがその願いを1つだけ叶えてくれると言われていますが,コイン投げはもうやっていませんでした。

sora6.JPGsora5.JPGsora4.JPG

蛇足ですが,2階エントランスを入って右手にある花のアーチをくぐると、真実の小径がありますが,その中に「真実の口」の復刻作品があります。映画ローマの休日」で有名ですが,これはイタリア・ローマから運ばれてきた大理石で出来た完全復刻作品だそうです。また,ヴィーナスフォートが「恋人の聖地プロジェクト」により恋人の聖地に選定されたようです。面白いですね。
posted by moncoara at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。