2007年08月26日

『図解 地球の真実』

未来は私達の手にかかっている・・・・(この本の冒頭)

環境問題の話です。地球の未来は,環境を私たちがどう守るかにかかっています。
宝島社から出された「地球の真実」を読んでみました。副題は,「世界の,とても不都合なこと」です。世界の,とても不都合なこと=環境破壊ではないでしょうか。私たちは,自分たちが乗っている船に穴を開けるようなことをしていませんか。オゾンホールが思い浮かびます。最近は,北極の氷がとんでもないことになっているようです。

この本は,3部から構成されています。

第1部 世界の真実
温暖化の影響で2040年に北極から氷が消滅するとのシミュレーションがでています。もっと早く溶けることもありえます。シベリアの永久凍土も危ない。南極の氷が溶けると海面上昇は必至。怖いですね。

第2部 日本の真実
2100年に日本の温度が3度も上昇するらしい。降雪量は現在の半分になり本州ではスキーもできなくなる?桜の開花時期が恐ろしく早くなる。東京はますますヒートアイランド化して熱帯夜が続く。

第3部 何が問題か
地球と折り合いをつけて生き延びる方法を考えないととんでもないことになりますね。環境問題は,人間の事情。まじめに考えないと。

これは本当に面白い本ですね。一度読んでみることをオススメします。

目を背けても必ず襲ってくる・・・(この本の最後)

※宝島別冊:一目でわかる温暖化の今と未来 『図解 地球の真実』 ー世界のとても不都合なことー


posted by moncoara at 20:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。