2008年09月07日

お金持ちになるための知恵

お金との付き合いを教えてくれる本に巡りあいました。

 「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」(ボード・シェーファー著 草思社)。ドイツ人が書いたメルヘンですが、思わず感動してしました。

  この本はサクセスストーリではありません。成功者の話をいくら読んでも成功者にはなれませんよね。そうではなくて、この本にはお金持ちになるための真理・法則または原理・原則といったものが書かれています。そしてこの原理や法則は、著者が独自に考えたものではなく昔からあった普遍的なもので、著者はこれをわかりやすく犬(マネー)と少女(キーラ)の物語として書いた本です。

  お金との付き合い方は小さい頃から勉強をしていくことが大切。こんな大切なことをなぜ日本の親は教えないのでしょうか。もし親が自分が子供の頃から正しくお金について教えてくれたらお金に対する考え方が180度変っていたに違いありません。社会人になってからお金をもっと貯めることができたと思います。この本は、小学生から大人までどの層の人間が読んでも必ず得るところがあると思います。 

 法則自体は本当にやさしいのですが実行できるかどうかが鍵です。確実に実行できた人がお金持ちになれるのですが、金持ちが少ないということは、こんな簡単なことが出来ない人が大部分なのでしょう。お金持ちになれるかなれないかは、実は本当は紙一重・・・なのですね。
posted by moncoara at 13:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。