2008年09月20日

金原ひとみの芥川賞受賞第1作

 『蛇にピアス』が映画化されたのをきっかけに、芥川賞受賞第1作になる『アッシュベイビー』を読んでみました。 

 デビュー作『蛇にピアス』で第27回すばる文学賞、130回芥川賞を受賞した金原ひとみの小説を読んでみました。1983年(昭和58年)東京生まれ。小学校6年生のとき、お父さんの仕事の都合で、米・サンフランシスコに1年間滞在したそうです。この間に村上龍、山田詠美などの作品と出合い、それをきっかけとして、中学生のころから小説の執筆を始めたようです。
 

 最年少受賞で注目されたため反響を呼び、受賞作を掲載した
文藝春秋は約118万部発行され創刊以来の記録となったようです。『蛇にピアス』は60万部以上を売り上げたようですが、これも若者の活字離れ出版不況が問題になっていたことから、状況打破のための話題づくりとしての受賞との批判が挙がりました。出版社の思惑通りになったわけで集英社にとっては喜ばしいことだったようです。選考委員に村上龍、山田詠美がいたことも彼女にはラッキーでしたね。

 この作品、確かに生々しい肉体描写が多くみられます。なにせチ○コとうことばが、24回以上出てきます。マ○コという言葉が39回以上出てきます(以上としたのは、私の見逃しがあるかもしれないから)。したがって、当然この言葉のイメージにつながる下ネタ関連用語がいくつも出てくることになります。極めつけは、最後に「マ○コも泣いて。」で終わります(驚き)。

 これを読んで、感動するわけでも何でもありませんが、なにか面白く、不思議。それが正直な感想です。若者や遊び人から人気と言われ,芥川賞作家とは思えない彼女ですが、この人の作品には、読み始めるとぐんぐんと引きつける何かを感じます。このあとの作品も読んでみたいと思います。
posted by moncoara at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。