2008年09月21日

『お金は銀行に預けるな』

資産を銀行などに預けたままでいると人生設計上リスクになります

2005年に世界でもっとも注目すべき女性50人に選ばれた勝間和代さんの本を読んでみました。副題に、金融リテラシーの基本と実践 とあるように、日本人が必要な金融の「読み書き能力」の必要性について書かれた大変ためになる本です。

 まず、私たちの資産には、「安全資産」「リスク資産」の2つがあることを認識します。銀行に預けた預金類は安全資産で、株や投資信託はリスク資産です。資産を増やす為には、安全資産からリスク資産へのシフト、そしてリスク資産の有効活用ですが、そのためには金融リテラシーを身に付ける必要があります。

  金融リテラシーとは、具体的には次のような能力を言います。
  @金融の役割について直感的に理解できる。
  A金融の基本、リスクとリターンについて正しく理解できる。
  B個別の金融商品についての情報を正しく入手できる。
  C入手した情報からリスク等を正しく分析することが出来る。
  D知識・情報・分析に基づき自分に合ったポートフォリオを正しく構築できる。

  また、資産運用で儲けるための基本5原則を述べています。
  @資産は、必ず分散投資すること。(リスクを管理する)
  A年間リターンは、5%あれば上出来と心得る。(決して欲張らない)
  Bうまい話には裏がある。(だまされないこと)
  Cリスクはコントロールできるが、リターンはコントロールできない。
  D投資には、「時間」と「コスト」がかかることわきまえる。(近道はない)

 特にD番、時間がないから・・・と嘯いていると資産活用は決してできない。遠回りかも知れませんが、“金融の本質を知り、基礎能力をつけること”が資産運用の王道であると感じました。
posted by moncoara at 19:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。