2008年11月29日

環境問題のウソ・ホント100問100答

イースト・プレスからのワンコインブック(コンビニ本)です。 

  「いまさら聞けない環境問題のウソ・ホント」が100件収録されています。大きく4章から構成されています。各パート25問ずつあり、合計100問になっています。ムキになって答えるのではなく問題と解答を読んで楽しむ本です。中身はまじめな本です。

パート1 温暖化のウソ・ホント 
 疑問23の「なんで氷の島なのにグリーンランドなの?」は、答えが面白い。解答は「島民誘致のPRとして命名された」そうです。グリーンランドもアイスランドもどちらも10世紀に活躍したバイキングが発見した島だそうですが,先に発見したアイスランドは名前が災いして入植希望者がほとんど現れなかったとのことです。そこで後から発見した島を美しく人が集まりそうなグリーンランドに命名したと言われれます。

パート2 リサイクルのウソ・ホント
 疑問45の「カラスはごみを漁るから環境に悪い?」はどちらでしょう。ごみを荒らすカラスは退治したほうがよいのでしょうか。解答は,食物連鎖の観点から「カラスは天然のリサイクル業者」です。カラスは、日本では古来、幸運をもたらす鳥と崇められていたそうです。昔はあまりいなかったのでょうか。

パート3 健康のウソ・ホント
 疑問71の「ミネラルウォーターは水道水より体にいいの?」。あたりまえだろう!と思ったあなた・・・常識を疑ったことありますか?ミネラルウォーターの水質基準は水道水よりも4〜5倍甘いそうです。安全とはいい切れないようです。

パート4 エネルギーのウソ・ホント
 疑問79の「森林が減っているのは紙を無駄遣いしているせい?」。解答は「森林減少の最大の原因は,途上国の貧窮と人口爆発!」です。エコ検定公式テキストには,森林破壊の背景として書いてあります。アフリカや東南アジアで際限なく人口が増加し,彼らが食料と収入を確保するために森を次々と伐採するからです。裏紙やマイ箸使用推進もわかりますが,本質ではありません(ここが重要)。厳しく考えれば裏紙使用やマイ箸利用をいくらやっても森林減少にはつながらないということです。ちなみに,割り箸問題の本質は,中国の傲慢な環境政策だそうです。

 
また、巻末付録として、「環境問題のキーワード」、「年表で知る環境問題」、「身近なラベリング制度」が付いており、勉強になります。これで500円はお買い得です。なにしろ楽しく読めますのでエコ検定の勉強の息抜き?になります。試験に役立つ情報がいっぱいで重宝できます。
posted by moncoara at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

第5回ECO検定にチャレンジ!(2)

ざっくり過去問題等を分析し対処方法などを検討してみました。

  
まず、第1回から第4回までの合格率を確認してみました。その結果、受験者数52,258人に対し合格者39,487人ですから、合格率75.6%でした。4人に3人が合格ですからまじめに勉強すれば大丈夫だろうと思います(甘いかな・・・)。 

 次に、問題の大部分は公式テキストから出されることから、あまり山を張らないで満遍なく勉強をすることが良いかと思っています。よって、テキストは隅々まで繰り返し勉強し覚えたことをできるだけ完全な状態で保持していくことが大切でしょう。懸念材料は、テキスト以外から出題される問題がどのくらいにあるかです。新聞・インターネットからの情報(環境gooや環境白書)にも気を配ります。結構範囲が広いのでどこまで拾いきれるか心配です。

 3番目は、これが一番重要なのですが、過去問題を必ず解いてみること(これは必須でしょう)。実戦訓練が大切。問題を解くことで自分の弱点がわかると思います。第3回、第4回の過去問題は確実にやってみようと思います。実力も判断出来ると思います。

 1ヶ月前から受験勉強開始です。公式テキスト、過去問題集、受験参考書の3種の神器で対応します。一昨日から勉強を開始しましたが、時間がないので結構厳しいですが、頑張っていきたいと思います。
posted by moncoara at 09:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

第5回ECO検定にチャレンジ!

ECO検定の正式の名前は「環境社会検定試験」です。

 
環境に関して勉強中です。ECO検定は、年に2回実施され、結構人気の試験です。2006年に第1回が始まり、2007年に第2回、第3回がありました。今年(2008年)は第4回、第5回の試験となり、今回12月21日に実施される第5回検定にチャレンジします。合格ラインが70点。これまでの合格率が70〜80%なので、比較的楽な気持ちでいます。

 受験者の2割が学生なので、結構若い人が受験していることがわかります。ある程度勉強すれば必ず受かる試験レベルかと思いますが、油断は禁物です。受験費用5,250円支払い済みですので後戻りできません。公式テキスト&問題集も買いました。全部で約1万円の投資をしてチャレンジです。 

 試験に合格すると「エコピープル」に認定されます(合格者=エコピープル)。主催元の商工会議所によれば、「エコピープルとは、幅広い環境問題に対する基本的な知識を有し、そこから生まれる問題意識を日常の行動に移そうとしている、あるいはすでにそうした活動を行っている合格者」だそうです。2007年にはすでに約16、500名の合格者が輩出していますので、今後は凄い勢いで増えていきそうな気がします。
 
 エコ検定を受けて「環境リテラシー」をアップします。勉強を続けながら、いつか環境ボランティア活動に参加してみたいものです。
posted by moncoara at 08:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

大島清の『歩くとなぜいいか?』

歩く目的は「とにかく楽しいから」。楽しいから歩く。ウォーキングは喜び。

 秋の散歩は最高ですね。
ウォーキングがなぜ体にいいかは説明不要かと思いますが、歩くということで健康だけでなくさまざまな面でよいことが出てきますが,一番の目的は「健康」という人が多いかと思います。そのためには、毎日20〜30分くらい歩くのがベストでしょう。この位の時間ならだれでも毎日実行できますから。そうはいっても現実は難しい・・・・なかなか歩けませんよね。私もそうでした。でも著者の以下の言葉で毎日歩けるようになりました。以下、ちょっと長くなりますが、引用します。

  
「私はウォーキングの極意は、何キロ歩いたとか何時間歩いたということではなく、毎日意識して歩き続けることにあると思っている。“意識して”というところがポイントである。意識して歩きさえすれば、距離や時間は後からついてくる。そんな感じでいい。
 時には体が歩きたくないというシグナル(拒否反応)を出すこともあるが、そういうときは率直に体のいうことを聞いたほうが良い。どうすればよいかというと、とにかく外にでて、軽く5分くらい歩いてその日のウォーキングを終わらせればよい。これでもウォーキングを続けたことになる。5分でも50メートルでもいい。“歩き続けた”という結果が必要なのだ。気軽に歩き続けること,継続することが大切なのだ。」 

 こんな気持ちでいいんだよということがわかってから毎日気軽に歩くことが出来るようになりました。この本を読んで本当によかったと思います。ご存知のように、著者の大島氏は京都大学名誉教授(医学博士)で、脳に関する著書を多く出してきた有名な方です。現在80歳ぐらいと思いますが、毎日元気に歩いている様子が目に浮かびますね。
posted by moncoara at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

乳酸菌生成エキス「ラクティス」(2)

ラクティスは、不足しがちな乳酸菌をサポートするサプリメント。

   以前にも書きましたが、ラクティスを飲んで快腸です。ラクティスそのものは、生きた乳酸菌ではなく、乳酸菌の分泌物(エキス)と菌体物質(細胞)からできています。そして、以下の4つの特徴があります。
 @選び抜いた16種もの乳酸菌を使用 
 A菌を活性化
 
 B高品質
 
 Cからだに良い成分のみ抽出
 

 乳酸菌生成エキスの産みの親は、正垣角太郎といわれます。明治38年、腸内乳酸菌を研究していたロシアの生物学者エリー・メチニコフの「長寿論」に感銘し、乳酸菌の研究を始めたそうです。正垣角太郎は、日本では当時珍しかったヨーグルトの製造を手がけました。それも、自分の胃腸疾患を乳酸菌療法で治癒したからで、そのためヨーグルトを実際にアルバイトをやとって家庭に配達したたそうです。角太郎氏が亡くなると、その研究は息子に引き継がれ、乳酸菌研究の集大成である「乳酸菌生成エキス」がうまれたとのこと。
 

 乳酸菌生成エキスの姉妹成分として、「乳酸菌発酵食物繊維」がありますが、腸によいとされるのが食物繊維。食物繊維は、腸内細菌によって乳酸酢酸といった短鎖脂肪酸に分解され、腸内を酸性にして悪玉菌の働きを弱めるからです。「乳酸菌発酵食物繊維」は、食物繊維の働きをパワーアップさせる働きがあります。乳酸菌エキスは、あの『胃腸は語る』(弘文堂)で有名な新谷弘実氏も飲んでいるそうです。

 
とにかくこれを飲むと便通がもの凄くよくなります。私の場合、夜飲むと翌朝はびっくりするくらいスッキリします。ぜひ皆さんもお試しあれ。
posted by moncoara at 12:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

どんなに忙しくても着実に成果を上げる仕事術

効率アップの秘訣は、何といっても「見切り」と「仕切り」です! 

 松本幸夫著 「時間に追いまくられる人 仕事がラクラク片付く人」(すばる舎)を読んでみました。これは目からウロコで本当に役に立つ本です。自分でも見切りと仕切りを意識してから、仕事が格段に速くなりました。著者は,目標管理時間管理のエキスパートで、ヒューマンパワー研究所所長です。

 
仕事は時間をかければいいというもではありませんよね。時間をかけたからいい仕事ができるとは限りませんよね。仕事=コストと考えれば、重要なのはコストパフォーマンス。仕事に見合う時間をかけることが大切です。

 
最も注意しなければならないのは、悪しき「完璧主義」です。完璧主義が単なる「自己満足」になっていないか自分自身に厳しく問いながら仕事を行うことが必要です。80%以上出来上がれば次の仕事に進む。これが見切りです。仕事は間断なく続きます。仕事の重要度にしたがい70%の出来でも場合によってはOKとします。「期限を過ぎた巧遅」より「期限を守った拙速」の方が、“仕事ができる”と評価されるのです。

 
仕切りとは、段取りと考えて結構です。仕事はいくつもありますし併行して進めることが必要です。そして、いやな仕事、気の乗らない仕事でもとにかく着手して、少しずつでもよいから進めていく。人に依頼することはこの時点できめる。そして自分のやらなければならないことを締め切りから逆算して1日早い締め切りを自分で設定しておきます。突発的なことが入っても最悪本当の締め切りには間に合う余裕をつくっておきます。

 
仕事が出来るかどうかは、能力よりも、時簡の使い方、仕事の進め方といった仕事術によることが大きいことを良く認識しておくことが大切な様です。どうも仕事がいつも期限どおりに終わらないと悩んでおられる方、是非一読をおススメします。
posted by moncoara at 18:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

『お金を知る技術 殖やす技術』

貯蓄から投資へ・・・は疑問?

 著者は経営コンサルタントの小宮一慶さんです。小宮さんは、「貯蓄から投資へ」をブームにしたり、国策として無理やりシフトさせたりすることには反対のスタンスです。

 先のブログで勝間和代さんの本で「安全資産」と「リスク資産」の2つがあることを書きましたが、小宮さんは、「守るお金」と「攻めのお金」について述べています。「守るお金」と「攻めのお金」では、当然運用の方法が根本的に違ってきます。「守るお金」とは預金などで「安定資産」と同じです。「攻めのお金」とは、リタイア後のゆとり資金などです。「リスク資産」とも考えられますが、少し考え方の違いがあるようです。

 リスクがつきものの投資は、「攻めのお金」のなかでライフステージに合わせて回すべきもので、金融知識があるなら投資せよという考え方を戒めています。もっともですが、勝間さんの考え方は「リスクを人まかせにしないで自分で危機感をもって管理せよ」といっているわけで、根っこの部分では、小宮さんと勝間さんは同じだと信じています。

 要は、銀行に預けたお金をリスクと考えるか否かです。残間さんはリスクとして考えるべきとしており、小宮さんはリスクとは捕らえていない。ここの違いが大きい。どちらが良いとか悪いとかうものではないと思います。どちらの意見をとるかは、個人の考え方次第です。その人の生き方、お金に対する考え方によるかと思います。皆さんは、どちらの考え方に共鳴しますか。
続きを読む
posted by moncoara at 10:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。