2009年01月31日

『GW7つの卵』の悲劇

最低の配当でがっかりです。損切りを決心しました。

 日興アセットマネジメント(AM)
には,ガマンの限界をこえました。今年の1年間の配当が,昨年同様,3,000円です(2009年1月実績。年一回配当)。2年連続して,たったの3,000円/年・・・目を疑いました。日興AMが情けない!悔し涙がでました。

 
 「GW7つの卵」は、モーニングスター・ファンドオブザイヤー2005年度の国際株式型・ハイブリッド型部門において優秀ファンドに選ばれました。投資の格言である「すべての卵を一つのかごにいれるな」という分散投資の常識をいかにも新しい考えかのように宣伝した商品です。結果的にすべての卵が割れてしまったわけで,だまされた人は,私を含め大勢いるのではないでしょうか。本当に悔しいです。下敷き(販売用資料のこと)やひよこ博士(ビデオのキャラ)にだまされました。 

 2年連続で年間3000円しか出せない分散投資とは一体なんなのでしょうか。信じられません。担当ファンドマネージャのセンスと能力を疑います。やる気もないのでしょうか。いろいろ言い訳していますが、きちんと出しているほかの商品は沢山あります。何のための分散投資(7つに分散)かわかりませんね。

 本当に,顧客をバカにするのも,いい加減にして欲しい。ここまでされたら,損切り解約しかありません。自己責任ですから,仕方がありませんが・・・涙そうそう
posted by moncoara at 10:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

糖尿病は大血管病

人間ドックでメタボ認定。糖尿病予備軍にも入隊。ショックです! 

 今、日本では糖尿病予備軍にあふれていると言われます。これは、食生活が欧米化したこと、車社会で歩かなくなったこと、ストレス社会になったことが大きな要因だと思いますが、実は日本人は、欧米人に比べ糖尿病になりやすい体質を持っているそうです。なぜなら、日本人は欧米人に比べてインスリンを分泌する力が弱いためだそうです(なぜ日本人の分泌力が弱いのかはわかりませんが・・・)。したがって、もともと弱いところに、肥満、高脂肪食、運動不足、ストレス、高齢化などの環境因子が増大してきたわけですから、糖尿病患者およびその予備軍が増加するのも当然なのでしょう。
 

 糖尿病がなぜこわいかといえば、合併症があるからですよね。これまで合併症とは、網膜症、腎症、神経障害と言った細小血管障害だと認識していましたが、もっと恐ろしい合併症は、心筋梗塞脳梗塞などの大血管障害だそうです。認識を改めました。事実、心筋梗塞をおこした人の7割が糖尿病および境界型の人だそうです。しかも大血管障害は、致死率も高く,糖尿病初期にも起こるとのです。怖いですね〜。「細小血管障害で死ぬことはない」と高を括っている人・・・要注意です。

 なお、食後血糖値を放置しておくと、インスリンを分泌するすい臓が疲弊して分泌量がすくなくなり、空腹時にも高血糖状態が続くそうです。糖尿病対策は、「1に食事療法、2に運動療法、3、4がなくて5に薬物療法」だそうです。したがって、炭水化物の摂取を極力押さえた食事内容と腹7分目の食事量、体を小まめ動かすこと、継続的な有酸素運動が絶対必要とのこと。ライフスタイルを見直し、ストレスの影響を少なくすることも重要とのこと。今後,メタボ対策を余儀なくされました。皆さんは,メタボリック・シンドロームの心配ありませんか?
posted by moncoara at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

山梨県笛吹市 薬石の湯「瑰泉」

 巨大宝石露天風呂とモンゴル式火釜が圧巻です。 

山梨の遊びの帰りに宝石温泉にいってきました。オープン5周年になるそうです。入場料は大人2,000円です。24時間居られるので12,000円で泊まれる温泉施設です。食事も、寿司、和食、韓国料理、ラーメン、イタリアンなど揃っています。そして880円の朝食バイキングがあります。4,0005,000円あれば一泊2食付きが可能です。 

宝石風呂は日本初だそうです。ここは宝石・鉱物などを扱う「英雅堂グループ」が経営しているので宝石をふんだんに使った風呂が作れたわけです。露天風呂は、レッドジャスパーが多く使われています。赤い石なので太陽の石などといって元気をくれる石です。このような石の効果を「ストーンパワー」などといっていますね。露天風呂はストーンパワーに溢れています。パワーストーンに興味がある方は面白いでしょう。

温泉内湯は、紫水晶などが使われていました。腰湯、寝湯、イベント湯、バブル風呂、ミストサウナ、あかすりなどがあります。イベント湯は、当日は唐辛子湯で真っ赤なお湯でしっかり暖まりました。小さなプールもあるので子供も遊べます。風呂から出たら、琉球漆喰でできたリラックス空間「団欒(だんらん)」で休みます。湯上りにはトルマリン水が自由に飲めますまた、ビールやアイスクリームなど飲み食いできる場所があります。
 

「団欒」の奥には、加熱薬石ドーム150畳)があり、この中にモンゴル(蒙古)火釜があります。火釜から700℃に熱せられ真っ赤に焼けた薬石(トルマリンと麦飯石)からでてきます。1時間から1時間半に1回の割合で焼けた薬石が火釜(電気炉室)から出てきます。薬石の発する遠赤外線が骨の髄まで暖め老廃物と汗を一気に排出させます。巨大なパオのようなドーム内の室温は、なんと64℃です(高温なので体調が悪いときは要注意)。また石風呂(石室)が2つありますので、お腹の上に熱くなった薬石を乗せるとお腹の調子がよくなります。

そのほか足湯、リフレ、マッサージ、ストーンセラピーなどがあります。また外には庭園、ビアガーデンなどもあり1日中いても飽きません。山梨に行ったときには一度訪れると面白いと思います。
posted by moncoara at 14:57| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。