2008年11月15日

乳酸菌生成エキス「ラクティス」(2)

ラクティスは、不足しがちな乳酸菌をサポートするサプリメント。

   以前にも書きましたが、ラクティスを飲んで快腸です。ラクティスそのものは、生きた乳酸菌ではなく、乳酸菌の分泌物(エキス)と菌体物質(細胞)からできています。そして、以下の4つの特徴があります。
 @選び抜いた16種もの乳酸菌を使用 
 A菌を活性化
 
 B高品質
 
 Cからだに良い成分のみ抽出
 

 乳酸菌生成エキスの産みの親は、正垣角太郎といわれます。明治38年、腸内乳酸菌を研究していたロシアの生物学者エリー・メチニコフの「長寿論」に感銘し、乳酸菌の研究を始めたそうです。正垣角太郎は、日本では当時珍しかったヨーグルトの製造を手がけました。それも、自分の胃腸疾患を乳酸菌療法で治癒したからで、そのためヨーグルトを実際にアルバイトをやとって家庭に配達したたそうです。角太郎氏が亡くなると、その研究は息子に引き継がれ、乳酸菌研究の集大成である「乳酸菌生成エキス」がうまれたとのこと。
 

 乳酸菌生成エキスの姉妹成分として、「乳酸菌発酵食物繊維」がありますが、腸によいとされるのが食物繊維。食物繊維は、腸内細菌によって乳酸酢酸といった短鎖脂肪酸に分解され、腸内を酸性にして悪玉菌の働きを弱めるからです。「乳酸菌発酵食物繊維」は、食物繊維の働きをパワーアップさせる働きがあります。乳酸菌エキスは、あの『胃腸は語る』(弘文堂)で有名な新谷弘実氏も飲んでいるそうです。

 
とにかくこれを飲むと便通がもの凄くよくなります。私の場合、夜飲むと翌朝はびっくりするくらいスッキリします。ぜひ皆さんもお試しあれ。


posted by moncoara at 12:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。