2009年01月31日

『GW7つの卵』の悲劇

最低の配当でがっかりです。損切りを決心しました。

 日興アセットマネジメント(AM)
には,ガマンの限界をこえました。今年の1年間の配当が,昨年同様,3,000円です(2009年1月実績。年一回配当)。2年連続して,たったの3,000円/年・・・目を疑いました。日興AMが情けない!悔し涙がでました。

 
 「GW7つの卵」は、モーニングスター・ファンドオブザイヤー2005年度の国際株式型・ハイブリッド型部門において優秀ファンドに選ばれました。投資の格言である「すべての卵を一つのかごにいれるな」という分散投資の常識をいかにも新しい考えかのように宣伝した商品です。結果的にすべての卵が割れてしまったわけで,だまされた人は,私を含め大勢いるのではないでしょうか。本当に悔しいです。下敷き(販売用資料のこと)やひよこ博士(ビデオのキャラ)にだまされました。 

 2年連続で年間3000円しか出せない分散投資とは一体なんなのでしょうか。信じられません。担当ファンドマネージャのセンスと能力を疑います。やる気もないのでしょうか。いろいろ言い訳していますが、きちんと出しているほかの商品は沢山あります。何のための分散投資(7つに分散)かわかりませんね。

 本当に,顧客をバカにするのも,いい加減にして欲しい。ここまでされたら,損切り解約しかありません。自己責任ですから,仕方がありませんが・・・涙そうそう
posted by moncoara at 10:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。