2009年03月23日

普通グリーン券のナゾ

車内とホームでは値段が違います。

 普通グリーン券には,「車内料金」「事前料金」があります。映画の前売り券とは違い,ちょっと変な気がしました。時間がなくて急いでいたため車内で買おうとしたところ,料金が250円高かったのです。特急券や座席指定席を同じように車内で買ったら窓口で買うより高くはなりませんよね?

 普通グリーン券というのは,座席数に関係なく無制限に発行されるので,買ったからといって必ず座れるとは限りません。普通グリーン券は自由席です。よって,買ってしまっても,満席の場合は立ち席になります(これは詐欺では?)。座席を保証しないのにグリーン券というのはトラブルの元なると思います。

 グリーン券を買っても利用しなかった場合、そのことを証明できるものがあれば当日分に限り料金は返却されるとのことですが、JR東日本ではその説明をお客に分かりやすくし行っているとは思えません。証明も難しいので実際に払い戻しするケースは限られていると思います。
 たとえば,満席の場合に,グリーンアテンダントに「やめる」といって払い戻し券を出してもらうと払い戻し手数料はゼロになります。しかし,満席だったのでやめたがアテンダントに払い戻し券を出してもらわなかった場合,あるいは満席でない場合でも,個人の都合でやめた場合には(満席だったかどうか),証明できないので払い戻し手数料210円がかかってしまいます。

 そもそも普通グリーン券のコンセプトがよくわかりません。また,グリーンアテンダントという人もどういう理由で必要なのか良くわかりません。それより,まず“普通電車”であれば,車内料金と事前料金の差をなくしてもらいたいですね。
posted by moncoara at 22:35| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。グリーン車ユーザーの者です。グリーン車の料金は車内料金が基本料金で、事前料金が割引料金みたいな感じらしいですよ。(以前駅で聞きました)
車内料金と事前料金に差があるのは、グリーン車利用者のお客さん達に事前に買ってきてもらえれば、グリーンアテンダントの方達が車内販売も行う事がスムーズにいくからとか。(これもアテンダントさんに聞きました)
よく納得いかないと怒っている方もいらっしゃいますが・・・、グリーンアテンダントはJRの子会社の方で、車内販売を行う事が業務の半分でもあるからという理屈があるみたいです。
Posted by 一也 at 2009年03月23日 23:40
そもそもグリーン券は設備に対する対価として販売されている券だそうです^^普通車両よりもグレードの高い座席や洗面所、トイレなどを利用することが出来る券という意味だそうですよ。座席に座れる、座れないは関係ないとのこと・・・(涙)座席に必ず座れる券の対価として発売されているのは座席指定券と呼ばれる券です。普通列車にはありませんが・・・。私も朝の通勤時間帯に時々利用しますが、座れないことも多々あります。でも普通車両のぎゅうぎゅうよりはマシなので利用しているカンジですね♪
それから、車内の料金と前もって買った時の料金差ですが、人件費削減のために2両の車両をほぼ1名のアテンダントが担当するために車内改札業務を軽減するために導入されたらしいです。出来るだけ前もって買ってから乗車してもらいたいという意図でしょうか・・・。
Posted by momo at 2009年03月31日 21:01
一也さん,momoさん,丁寧なコメントありがとうございました。よくわかりました。 車内料金と事前料金があり料金差が出るのも,アテンダントの存在が絡んでいるわけですね。できればアテンダントは不要化したいのですが,金を払わずちゃっかりグリーン車に乗り込んでくる客もいるわけですからチェックするためにはどうしても必要となるのでしょうね。
Posted by mon-coara at 2009年04月07日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。