2007年04月29日

大江戸温泉物語(其の三)

no-title広小路を巡り終わったら風呂に入っておなかが空いたところで「八百八町」に行きます。
ここは、旨い店が集まる横丁です。食事どころの小さなお店がたくさん集まっています。お酒も飲めて値段もリーズナブル。お金は通行手形で支払います(現金は使わないので、いつのまにかバンバン使ってしまいますので要注意です)。支払いは最後ですが、「大江戸町人クラブ」に入っておくとポイントが付きますし、入場料が割引になります。また、お誕生日入場券プレゼントがあります。事前にインターネットで申し込むことができます。


八百八町2.JPGno-title八百八町4.JPG

広小路や八百八町で遊びつかれたらお休み処で休憩です。男女兼用と婦人専用の2箇所があります。小型テレビがついているので好きな番組を楽しむことができます。リラックスできますよ。

夕方になると、どっと人が増えます。外人客も結構いました(韓国の方が多かったです。何かに紹介されているのでしょうか)。とにかく、彼女(または彼氏)と一緒に来て浴衣姿で江戸情緒を楽しむのが最高です!

posted by moncoara at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。