2007年08月19日

外国為替に挑戦!

今回,アメリカにおける住宅融資(サブプライムローン)の焦げ付きに起因した株式市場の動揺により,連鎖株安が発生しました。サブプライムローンとは,過去に借金返済を滞納したり,収入に比べて借金が多いため,プライムローンを受けられない個人顧客向け融資とのことで,アメリカ住宅ローン残高の約1割を占めるそうです。これで野村HDが700億円超の損失を出したようですが,いかにも「野村らしい」ですね。それにしても,この住宅ローン問題は,世界に大きな波紋を呼んで,わたしにとっても大変興味深い事件になりました。

今回の事件で,株式または投信の買いの絶好のタイミングかと思いましたが,外国為替市場でも円高が急激にすすみましたので,私自身は初めて為替に挑戦してみました。米ドル(USD),豪ドル(AUD),ニュージーランドドル(NZD)の中で,どれを買うか迷いましたが,結局NZDを買いました。91円前後から80円前後に暴落しました。ここで,為替が戻れば1NZD当たり,約10円の儲けになります。ここは,思い切って買いました。

FRBの緊急利下げでアメリカの株価が反発しましたが,不安心理が再燃すれば株式市場や為替市場も波乱含みの展開になり,FRBの追加利下げがあるかも知れませんね。日銀の利上げも見送られる公算大でしょう。今後の様子を見て為替の勉強をしていきたいと思います。

今回の事件で投資信託より為替の方でも大きなチャンスがあることが良くわかりました。余剰資金を使って売買タイミングさえ間違わなければ,こんな確実な投資はありません。
posted by moncoara at 19:22| 東京 🌁| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。