2009年04月22日

健康の心得十訓

 健康の心得にもいくつかありますが,健康十訓が大変参考になりましたので引用させて頂きました,各項目のコメントは私自身が書いたものですがいかがでしょうか。 

1.少肉多菜
 
肉はほどほど,野菜はたっぷり。鶏肉か豚肉を中心に食べています。牛肉は健康と家計の面から極力避けています。牛の霜降り肉は,特に体に良くありませんので注意が必要です。霜降り肉を喜んで食べるのは日本人くらいといわれています。
2.少糖多蜜
 甘いものは果物等からで十分でしょう。精製された砂糖は,あまり体にはよくないので料理には砂糖の代わりに黒糖や蜂蜜などを使っています。コーヒーはブラックで飲むようにしています。
3.少塩多酢
 塩の取りすぎは高血圧のもとになるので醤油や味噌は減塩タイプを必ず使っています。味噌汁は薄味にして一日一杯を遵守。お酢は昔から体に良いとされています。健康食品の香酢を毎日飲んでいます。
4.少食多噛
 腹八分目が大切。食事は良く噛んで食べると満腹感が得られ自然と腹八分目になります。食事だけでなく何事も腹八分目を心がけています。
5.少衣多浴
 薄着でフロ好きは健康の元。薄着で通すようにしていますが,体を冷やさないよう注意しています。風呂は毎日入り血行を良くするということでしょうか。
6.少車多歩
 自動車は確かに早いが歩けば健康の道につながる。面倒くさがらず歩きましょう。1日1万歩。
7.少憂多眠
 くよくよ心配するのは体に良くないですね。くよくよしたって同じなので早めに寝てしまうのが得策。寝るときは楽しいことを考える。睡眠は平均7時間を確保するよう0時前には寝ることですね。
8.少言多行
 ぺらぺらしゃべっている間に行動を開始しよう。口先だけでなく実行(行動)で示せという意味かと思いますが,どちらかとういと有言実行がよいと思います。宣言して実行するのがカッコいいですね。
9.少欲多施
 自分の欲望に走らず他人のために何かをせよということですね。
10.少憤多笑
 あまり怒らないで笑うことを優先する。怒ったときでもニコニコ(かなり難しいと思いますが・・・)。「怒るというより笑っちゃう」精神で。一日一膳,一日多笑。笑いでストレス解消。いつも心にユーモアを!続きを読む
posted by moncoara at 20:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

乳酸菌生成エキス「ラクティス」(2)

ラクティスは、不足しがちな乳酸菌をサポートするサプリメント。

   以前にも書きましたが、ラクティスを飲んで快腸です。ラクティスそのものは、生きた乳酸菌ではなく、乳酸菌の分泌物(エキス)と菌体物質(細胞)からできています。そして、以下の4つの特徴があります。
 @選び抜いた16種もの乳酸菌を使用 
 A菌を活性化
 
 B高品質
 
 Cからだに良い成分のみ抽出
 

 乳酸菌生成エキスの産みの親は、正垣角太郎といわれます。明治38年、腸内乳酸菌を研究していたロシアの生物学者エリー・メチニコフの「長寿論」に感銘し、乳酸菌の研究を始めたそうです。正垣角太郎は、日本では当時珍しかったヨーグルトの製造を手がけました。それも、自分の胃腸疾患を乳酸菌療法で治癒したからで、そのためヨーグルトを実際にアルバイトをやとって家庭に配達したたそうです。角太郎氏が亡くなると、その研究は息子に引き継がれ、乳酸菌研究の集大成である「乳酸菌生成エキス」がうまれたとのこと。
 

 乳酸菌生成エキスの姉妹成分として、「乳酸菌発酵食物繊維」がありますが、腸によいとされるのが食物繊維。食物繊維は、腸内細菌によって乳酸酢酸といった短鎖脂肪酸に分解され、腸内を酸性にして悪玉菌の働きを弱めるからです。「乳酸菌発酵食物繊維」は、食物繊維の働きをパワーアップさせる働きがあります。乳酸菌エキスは、あの『胃腸は語る』(弘文堂)で有名な新谷弘実氏も飲んでいるそうです。

 
とにかくこれを飲むと便通がもの凄くよくなります。私の場合、夜飲むと翌朝はびっくりするくらいスッキリします。ぜひ皆さんもお試しあれ。
posted by moncoara at 12:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

心の健康

健康は老若男女を問わず多くの人が関心を持っていることだと思います。

 健康には,@体の健康,A心の健康,B頭の健康があると思いますが,この3つがセットになっていることが重要かと思います。体がいかに丈夫でも心が病んでいたり,ぼけてしまっては健康な体も役にたちません。逆に,頭や心がしっかりしていても病気がちであったり,寝たきりになっては何もできませんよね。

 その中で,特にこのごろ話題になっているのが,ストレス社会を反映した心の健康です。心の病気の代表がうつ病。そのうつ病などにより心の健康に不安を持っている人が3人に1人の割合でいるそうです。30,40歳代になると5人に2人の割合になるそうです。主な原因はストレス。このストレスの原因の上位3つは,@健康状態や体調,A仕事の忙しさ,B家計のやりくりで,健康,仕事,お金の順のようです。その次に続くのが,C将来性への不安,D人間関係です。自分の体の健康状態が気になって,それがストレスで心の健康を失うケースが多いのはなんとも皮肉です。

 主なストレス解消法としては,男性が「酒」・「趣味」,女性が「おしゃべり」・「買物」だそうです。共通なのは「スポーツ」・「睡眠」。日頃ストレスを解消できていないと感じている人は約2割いるそうです。自分の経験で恐縮ですが,ストレスは感じている以上に結構たまっているものです。ストレスというのは,少しずつ蓄積します。仕事オンリーの世界を抜け出し,常に生活習慣を見直して,良い意味での楽観主義でいることがストレスをためないコツではないかと思います。皆さんはいかがですか?
posted by moncoara at 22:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

乳酸菌生成エキス『ラクティス』

乳酸菌生成エキスを買っています豆乳で育てた乳酸菌のエキスで、いわば「乳酸菌の新しいカタチ」だそうです。

この商品「ラクティスを飲んで本当に驚いたことがあります。それは、はじめて飲んだ後,お通じが良くなった事実です。もうそれはびっくりするぐらいです(感動ものです)。この現象は、私だけなのかどうかわかりませんが,これだけ出ると本当にスッキリします。それ以来、ちょっと値段は高いのですが買い続けてます(特に,女性の方にお勧めかも)。

商品説明は,以下の通りです。
『この乳酸菌エキスは、16種類の乳酸菌を使って作り出されます。豆乳の中で1年間発酵・熟成させ菌を強化させます。すなわち、菌をひとまとめにして、豆乳の中で発酵させると、お互いに鍛えあいます。すると、菌はパワーアップされます。この過程で菌はエキスを盛んに作り出しますので、このエキスを抽出します。』

この乳酸菌エキスは、おなかの元気を応援します。このエキスが善玉菌の味方となってくれるのです。乳酸菌生成エキスについては、論文がギリシャの学術誌に掲載されているそうですので,本当であれば商品の科学的信憑性は間違いありませんね。

posted by moncoara at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。