2008年12月28日

年末はベートーベンの交響曲で

早くも第9を聴く時期・・・年末になってしまいました。

 もうすぐ2008年も終わりです。1年は、あっという間にすぎてしまい,ついに年末になってしまいました。年末といえば、ベートーベンの第9ですね。交響曲では、何と言ってもベートーベンの交響曲が一番好きです。第1番ができたのは1800年で第9番が完成したのは1824年です。第5番と第6番は同じ1808年に完成しています。実際には、第6番の方が先に完成したといわれます。また、第9番は、第8番が完成してから10年も後に作られています。

  
9番は別格として、特に英雄・運命・田園は大好きです。この中でも私は、第5番の「運命」が一番好きです。最初に買ったステレオで最初に聴いた曲がこの運命交響曲です。何度も繰り返し聴いた覚えがありますので非常に思い入れがある曲です。

 毎年年末になるとベートーベンの交響曲が無性に聴きたくなります。今年も昨年と同様に第1番から聴き始めています。これから順番に聴いていき、大晦日は第9番で締めます。 

交響曲1番(180030歳)
ハイドンやモーツアルトからの影響を感じる曲ですね。習作らしくもありますが、彼らしい作風もすでに感じます。若々しいベートーベンの姿が見えます。いつ聞いても新鮮です。

交響曲2番(180333歳)
ロマン・ローランがこの曲から彼の青春の恋愛が反映されていると言っています。耳の疾病を養うために、ハイリゲンシュタットの自然のなかで孤独の生活をしたときの作品といわれます。静かな境地から得た傑作ですが、ベートーベンらしい力強さに溢れた作品です。

交響曲3番「英雄」(180434歳)
英雄ナポレオンの思い出をとどめるために「英雄交響曲」と記された曲。ワグナーは、4つの楽章を活動・悲劇・寂境・愛として、真のベートーベンの姿が現れていると評しました。第2楽章が葬送行進曲として知られています。 

交響曲4番(180636歳)
9つの中で最も静かですが極めて印象的な曲です。第3番や第5番と対照的です。シューマンが、この曲を「北欧神話にでてくる2人の巨人の間に挟まれたギリシャの乙女」と評したことは、あまりにも有名ですね。私もお気に入りの曲です。 

交響曲5番「運命」(180838歳)
「充溢する戦闘力、強い気魄、不屈の精神が運命の波に凱歌をあげる」。9つの交響曲のなかではもとより、他のいかなる交響曲といえどもこれに近寄ることはできません。この運命交響曲ほど多くの人に愛されているものはないでしょう。

交響曲6番「田園」(180838歳)
ベートーベン自身この曲に「特徴ある交響曲、田園生活の思い出」と書いています。このころ、彼は毎日のように帽子もかぶらず独り田園を歩き回っていたそうです。まさに絵画的な素晴らしい曲。第6番が一番好きな人も多いのではないでしょうか。 

交響曲7番(181343歳)
この曲は、その手法、構成、表現、内容、楽器の編成、あらゆる点において、彼の交響曲の中で第1位のものであると言われます。第1楽章の哀愁を帯びたメロディは忘れられません。全体的にスケールの大きさを感じる曲です。

交響曲8番(181444歳)
9つの曲の中で最も短い曲ですが、全編通して歓喜と愉悦に満ちた明るい曲です。このころメトロノームが発明されましたが,ベートーベンはこれに興味をもち、第2楽章はメトロノームを用いて書いたと言われます。彼の交響曲のなかでは最も軽い曲に感じます。ベートーベンらしくないといっては語弊があるでしょうか。

 
交響曲9番「合唱」(182454歳)
「第九」と言えばこの曲。初演には、ベートーベンとウムラウフの二人の指揮者が舞台に立ったそうで、これは古今未曾有の出来事。ベートーベンの耳が完全に聞こえなかったにもかかわらず、ベートーベンが自分以外にこの曲の指揮を承知しなかったためです。ベートーベンはきちがいのように激しく指揮したそうですが、楽団員はウムラウフの指揮に従いました。観衆は興奮し、その夜ベートーベンは極度に疲労し、礼服のまま朝まで寝ていたと言われます。

 
来年こそは良い年でありますように・・・GOODBY2008! 
posted by moncoara at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

第5回ECO検定にチャレンジ!(5)

本試験が終わり、自己採点結果は92点でした。

 合格ですよね?先のブログで報告した第3回、4回とほぼ同じ成績でした。試験会場では30分経過したら退場可能ですが、私が受験した会場には,さすがにそういった方はいなかった様です。60分を過ぎたころから、ぼとぼちと退場者がでてきました。制限時間いっぱいまで居たのは全体の1/5ほどでした。私も今回はこの約20%のグループにはいってしいましたが、見直しを入念にやって時間を使いきりました。時間は十分にあることがわかっていたので安心して回答することができました。

 来年の2月上旬に合格証と成績表が送られてきます。次は、公害防止管理者試験に挑戦したいと思います。国家試験なので数段難しくなると思いますが、まずは水質4あたりにチャレンジしたいと考えています。

 ところで、今回受験料は5000円でしたので,約15000人が受験するとして、7500万円の売り上げです。経費を引いたとしても、公式テキスト及び問題集の売り上げもありますから、約5000万円の収入となります。年2回試験があるわけですから年間約1億円の収入でしょうか(想像ですが・・・)。おいしいビジネスですね。商工会議所のドル箱的存在ではないでしょうか。

 ECO検定受験では、環境問題を広く・浅く勉強することになりますが大変ためになりました。正直,試験問題は楽しみならが勉強して対応できるレベルなので、まだ受けていない方は、是非チャレンジして知識を増やしてみてはいかがでしょうか。
posted by moncoara at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

第5回ECO検定にチャレンジ!(4)

直近の第3回、第4回検定試験問題に挑戦・・・その結果は? 

 両方とも制限時間(2時間)を余裕で終了し90点以上でした
 
第3回検定試験(0712月実施):93点で合格(所要時間60分)
 思った以上の点数で驚いています。あえて見直しを行いませんでしたが、そのためケアレスミスを2つ発見。もっと注意深く回答すること、見直しを必ずやることの2つが反省点でした。
第4回検定試験(08年07月実施):94点で合格(所要時間90分)
 前回とほぼ同じ得点でした。見直しを十分に行いケアレスミス防止しました。第3回に比べて新しい問題が増えたようです。
 
 
合格圏でほっとしました。見直し時間もかなりありそうです。試験問題の難易度は一応把握できましたが、油断せず、さらに高得点に向けて知識を深めたいと思います。

 公式テキストを補完する目的でもう一冊、参考書を買いました。(株)ユニバースの「パーフェクト図解!ECO検定合格ブック」です。著者は、ユニバースの主席コンサルタントです。エコ検定対策講座も開設しており、そのサブテキストが本書です。公式テキストに準拠し、内容をわかりやすくまとめているので非常に便利します。公式テキストの欄外事項に対しても丁寧にまとめているのでプラスαの知識が身につきます。図や表がとてもわかりやすく頭にはいりやすいように工夫されています。

 よく、受験勉強は「
過去試験問題に始まって、過去試験問題で終わる」と言いますが、まさにそれに尽きると思います。いよいよ21日の本試験に向けて最後の追込みとなりました。
posted by moncoara at 12:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

アル・ゴアの『不都合な真実(ECO入門編)』

 副題は*** 地球温暖化の危機 *** 豊富な図や写真が満載です。

 先月(11月)下旬に世界気象機関(WMO)により、大気中の二酸化炭素、メタン、一酸化ニ窒素の世界平均濃度が2007年に過去最高になったとの発表がありました。温室効果ガス(GHG)が増加傾向を維持しているようです。 

  「不都合な真実」は、ご存知の通りGHGによる温暖化の危機を訴えた世界的に有名な本です。読まれた方も多いと思いますが,この本は、その簡易版でECO入門編となっています(値段も1200円と手頃)。著書に関しては、色々と言われていますが、人類の経済活動が大きな要因となっている地球温暖化に対して世界の人々に警告を与えた功績は非常に大きいと思います。誰かが動かないと地球環境問題もなかなか良い方向に進展しません。

 訳者の枝廣淳子さんは実際にゴアさんと話をしたことがあるそうです。枝廣さんは、訳者あとがきで、温暖化問題の解決を図るためには、「知ること」「行動すること」「伝えて広げること」の3つが必要だと述べています。まさに「環境問題の伝道師」ともいえるゴアさんが信念を持って行ってきたこと、そのものですね。

 この本で衝撃的な写真が2つありました。 

 1つは、7章(地球の果て:南極)にあるグリーンランド氷床の変化です。グリーンランドは北極圏にありますが、平均厚さ1500mの氷のドームが乗っているのは南極大陸に似ています。1992、2002、2005年に3つの写真がありますが、驚くべき速さで氷床がなくなっている様子に唖然としました。2008年は、どうなったのでしょうか。

 2つ目は、12章(衝突コース)にあるハイチドミニカ共和国の国境付近写真です。2つの国はカリブ海の同じ1つの島にあるのですが、ハイチには森がまったく無くなっており、すぐ隣のドミニカには森が綺麗に残っています。それぞれ森林に対するまったく違った政策をとった結果で、その差は歴然です。大きな教訓を含んでいますね。

 なお、本書とは関係がありませんが、朝日新聞Web版に温暖化ほか地球環境問題を取り上げた多数の写真が下記URLで見られます。ショッキングな写真、面白い写真などいろいろあります。興味ある方、是非見てください。

 地球異変余禄 http://doraku.asahi.com/lifestyle/earthphoto/list.html
posted by moncoara at 08:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

第5回ECO検定にチャレンジ!(3)

さっそく第1回目の過去試験問題に挑戦してみました。

 公式テキストを読んでから早速1回試験問題にチャレンジした結果は73。ギリギリ合格ですが、第1回目だったので易しかったのかも知れません。ここでわかったことは、小さな文字で補足説明的に書いてあるところも非常に重要だということです。2回目の学習では、この本文の欄外(?)を重点的に読むことにしました。

 模擬試験問題
にもチャレンジしてみました。「模擬試験1」は85点、「模擬試験2」は78点でした。85点以上取れていると安心できますね。今回、テキスト外からの設問が案外弱点になることがわかりました。対応策は、普段からの環境への関心を継続することでしょうか。テキストだけに頼らない姿勢が大切ですね。

 参考書として自由国民社の「これでうかるECO検定/テキスト改訂版」を買いました(1890円)。この参考書の特徴は、実力養成問題、キーワードチェック集、環境白書対策、そして過去問題がついていることです。実力養成問題を通して、現在の理解度・定着度がよくわかります。キーワードは幅広く理解することが重要ですね。EICネット環境goo環境用語集もまめに読んでおくことにしました。また細切れの時間を利用して環境クイズにも挑戦しています。

 過去問題についても直近の第3回と4回目の問題に来週チャレンジする予定です。
posted by moncoara at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

レイチェル・カーソンの『沈黙の春』

自然破壊に警告を発した環境問題の先駆書です。

 環境を勉強した方なら誰でもご存知のこの本は、農薬等の化学物質による人体および環境への発生を警告し、その後の全世界に大きな影響を与えたといわれます。
 著者のレイチェル・カーソン1907-1964)は、大学で動物学を専攻し、33歳のときの内務省の魚類・野生生物局に移り、野生生物とその保護に関する情報収集にあたったそうです。この本は、1962年に刊行されましたが、1960年代といえば、日本でも公害が大問題になった時代です。

  
この本は17章から構成されていますが、1 明日のための寓話 の最後に、「アメリカでは春が来ても自然は黙りこくっている。そんな町や村が山ある。いったい何故なのか。そのわけを知りたいと思う者は、先を読まれよ」と書いてあり不気味な興味をそそります。
 著書は、“アルベルト・シュバイツアーに捧ぐ”とあり、博士の言葉が書かれています。

シュバイツアーの言葉
未来を見る目を失い、
     現実に先んずるすべてを忘れた人間、
       その行き着く先は、
         自然の破壊だ。
 

  もう1つ、E・B・ホワイト1899-1985)の言葉が書かれてあります。ホワイトは、評論・詩・小説などを書いたアメリカの作家。1938年に田舎に引っ越し
農場で動物たちに囲まれて生活し、動物たちをモデルとした物語を多数発表しました。
  ちょっと長くなりますが、含蓄がある言葉なのでここに引用します。
 
  
   私は人間にたいした希望を寄せていない。
    人間は、かしこすぎるあまり、
     かえってみずからわざわいをまねく。
      自然を相手にするときには、
       自然をねじ伏せて自分の言いなりにしようとする。
      私たちみんなの住んでいるこの惑星に、
     もう少し愛情を持ち,
   
疑心暗鬼や暴君の心を捨て去れば、
  人類も生きながらえる希望がある。 

 人間は自然の一部であり、もっと謙虚に生きなければなりませんね。
posted by moncoara at 10:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

環境問題のウソ・ホント100問100答

イースト・プレスからのワンコインブック(コンビニ本)です。 

  「いまさら聞けない環境問題のウソ・ホント」が100件収録されています。大きく4章から構成されています。各パート25問ずつあり、合計100問になっています。ムキになって答えるのではなく問題と解答を読んで楽しむ本です。中身はまじめな本です。

パート1 温暖化のウソ・ホント 
 疑問23の「なんで氷の島なのにグリーンランドなの?」は、答えが面白い。解答は「島民誘致のPRとして命名された」そうです。グリーンランドもアイスランドもどちらも10世紀に活躍したバイキングが発見した島だそうですが,先に発見したアイスランドは名前が災いして入植希望者がほとんど現れなかったとのことです。そこで後から発見した島を美しく人が集まりそうなグリーンランドに命名したと言われれます。

パート2 リサイクルのウソ・ホント
 疑問45の「カラスはごみを漁るから環境に悪い?」はどちらでしょう。ごみを荒らすカラスは退治したほうがよいのでしょうか。解答は,食物連鎖の観点から「カラスは天然のリサイクル業者」です。カラスは、日本では古来、幸運をもたらす鳥と崇められていたそうです。昔はあまりいなかったのでょうか。

パート3 健康のウソ・ホント
 疑問71の「ミネラルウォーターは水道水より体にいいの?」。あたりまえだろう!と思ったあなた・・・常識を疑ったことありますか?ミネラルウォーターの水質基準は水道水よりも4〜5倍甘いそうです。安全とはいい切れないようです。

パート4 エネルギーのウソ・ホント
 疑問79の「森林が減っているのは紙を無駄遣いしているせい?」。解答は「森林減少の最大の原因は,途上国の貧窮と人口爆発!」です。エコ検定公式テキストには,森林破壊の背景として書いてあります。アフリカや東南アジアで際限なく人口が増加し,彼らが食料と収入を確保するために森を次々と伐採するからです。裏紙やマイ箸使用推進もわかりますが,本質ではありません(ここが重要)。厳しく考えれば裏紙使用やマイ箸利用をいくらやっても森林減少にはつながらないということです。ちなみに,割り箸問題の本質は,中国の傲慢な環境政策だそうです。

 
また、巻末付録として、「環境問題のキーワード」、「年表で知る環境問題」、「身近なラベリング制度」が付いており、勉強になります。これで500円はお買い得です。なにしろ楽しく読めますのでエコ検定の勉強の息抜き?になります。試験に役立つ情報がいっぱいで重宝できます。
posted by moncoara at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

第5回ECO検定にチャレンジ!(2)

ざっくり過去問題等を分析し対処方法などを検討してみました。

  
まず、第1回から第4回までの合格率を確認してみました。その結果、受験者数52,258人に対し合格者39,487人ですから、合格率75.6%でした。4人に3人が合格ですからまじめに勉強すれば大丈夫だろうと思います(甘いかな・・・)。 

 次に、問題の大部分は公式テキストから出されることから、あまり山を張らないで満遍なく勉強をすることが良いかと思っています。よって、テキストは隅々まで繰り返し勉強し覚えたことをできるだけ完全な状態で保持していくことが大切でしょう。懸念材料は、テキスト以外から出題される問題がどのくらいにあるかです。新聞・インターネットからの情報(環境gooや環境白書)にも気を配ります。結構範囲が広いのでどこまで拾いきれるか心配です。

 3番目は、これが一番重要なのですが、過去問題を必ず解いてみること(これは必須でしょう)。実戦訓練が大切。問題を解くことで自分の弱点がわかると思います。第3回、第4回の過去問題は確実にやってみようと思います。実力も判断出来ると思います。

 1ヶ月前から受験勉強開始です。公式テキスト、過去問題集、受験参考書の3種の神器で対応します。一昨日から勉強を開始しましたが、時間がないので結構厳しいですが、頑張っていきたいと思います。
posted by moncoara at 09:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

第5回ECO検定にチャレンジ!

ECO検定の正式の名前は「環境社会検定試験」です。

 
環境に関して勉強中です。ECO検定は、年に2回実施され、結構人気の試験です。2006年に第1回が始まり、2007年に第2回、第3回がありました。今年(2008年)は第4回、第5回の試験となり、今回12月21日に実施される第5回検定にチャレンジします。合格ラインが70点。これまでの合格率が70〜80%なので、比較的楽な気持ちでいます。

 受験者の2割が学生なので、結構若い人が受験していることがわかります。ある程度勉強すれば必ず受かる試験レベルかと思いますが、油断は禁物です。受験費用5,250円支払い済みですので後戻りできません。公式テキスト&問題集も買いました。全部で約1万円の投資をしてチャレンジです。 

 試験に合格すると「エコピープル」に認定されます(合格者=エコピープル)。主催元の商工会議所によれば、「エコピープルとは、幅広い環境問題に対する基本的な知識を有し、そこから生まれる問題意識を日常の行動に移そうとしている、あるいはすでにそうした活動を行っている合格者」だそうです。2007年にはすでに約16、500名の合格者が輩出していますので、今後は凄い勢いで増えていきそうな気がします。
 
 エコ検定を受けて「環境リテラシー」をアップします。勉強を続けながら、いつか環境ボランティア活動に参加してみたいものです。
posted by moncoara at 08:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

大島清の『歩くとなぜいいか?』

歩く目的は「とにかく楽しいから」。楽しいから歩く。ウォーキングは喜び。

 秋の散歩は最高ですね。
ウォーキングがなぜ体にいいかは説明不要かと思いますが、歩くということで健康だけでなくさまざまな面でよいことが出てきますが,一番の目的は「健康」という人が多いかと思います。そのためには、毎日20〜30分くらい歩くのがベストでしょう。この位の時間ならだれでも毎日実行できますから。そうはいっても現実は難しい・・・・なかなか歩けませんよね。私もそうでした。でも著者の以下の言葉で毎日歩けるようになりました。以下、ちょっと長くなりますが、引用します。

  
「私はウォーキングの極意は、何キロ歩いたとか何時間歩いたということではなく、毎日意識して歩き続けることにあると思っている。“意識して”というところがポイントである。意識して歩きさえすれば、距離や時間は後からついてくる。そんな感じでいい。
 時には体が歩きたくないというシグナル(拒否反応)を出すこともあるが、そういうときは率直に体のいうことを聞いたほうが良い。どうすればよいかというと、とにかく外にでて、軽く5分くらい歩いてその日のウォーキングを終わらせればよい。これでもウォーキングを続けたことになる。5分でも50メートルでもいい。“歩き続けた”という結果が必要なのだ。気軽に歩き続けること,継続することが大切なのだ。」 

 こんな気持ちでいいんだよということがわかってから毎日気軽に歩くことが出来るようになりました。この本を読んで本当によかったと思います。ご存知のように、著者の大島氏は京都大学名誉教授(医学博士)で、脳に関する著書を多く出してきた有名な方です。現在80歳ぐらいと思いますが、毎日元気に歩いている様子が目に浮かびますね。
posted by moncoara at 13:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。